vol.2 人はミネラルが作れない

暑くなってくると水分補給にミネラルウォーターが手放せないという方も多いと思います。実はミネラルウォーターと呼べるのは「ミネラルが溶け込んだ地下水」だけなのです。それ以外の水は品名を「ナチュラルウォーター」や「ボトルドウォーター」などと表示し、区別されています。では「ミネラル」とは何でしょうか?人の体は元素まで分解してみると、炭素・水素・酸素・窒素で全体の約95%を占めています。残りの5%にあたるカルシウムやマグネシウム、鉄などがミネラルです。ミネラルを十分に摂取することで臓器や細胞の老化を防いだり、歯や骨を健康な状態に保つ事が期待できます。体全体から見れば少量ですが、必要な栄養素のひとつです。

ミネラルは体内で作ることが出来ないため、ふだん私達は食物から摂取しています。ところが近年、野菜に含まれるミネラルだけでは十分とは言えなくなっています。原因は様々ですが、意識してミネラルを摂るように心掛けましょう。例えば青魚や海草、大豆などがオススメです。また、精製された白米や上白糖に比べ、玄米や黒砂糖など精製度の低い食品も、ミネラルを多く含んでいます。本格的な夏が来る前にミネラルをバランスよく摂って体調を整えておきましょう。

関連記事

  1. vol.6血管は硬くなる

  2. vol.7エアコンを上手に使おう

  3. vol.1 お肌のトラブル気につけて

  4. vol.9ぐっすり眠れる明るさがある

  5. vol.8カルシウムは1日どのくらい摂取する?

  6. vol.5 こまめな水分補給を大切に

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。