vol.7エアコンを上手に使おう

人間の体は、汗をかいて体温を下げようとします。自律神経である交感神経は汗をかくように、副交感神経は汗をかかないように働きます。

日中の気温35度以上の猛暑日の屋外や夜間の気温25度以上の熱帯夜には、交感神経が過剰労働になり、エアコンが効いた屋内では副交感神経が活躍します。この繰り返しの頻度が多くなると、両神経のバランスが崩れる(自律神経失調症と言われる症状)ため、屋外との温度差を考慮したエアコン設定で、1日のうち適度に発汗する時間がある暮らしを工夫しましょう。

関連記事

  1. vol.4 浸かればとれる疲れがある

  2. vol.2 人はミネラルが作れない

  3. vol.3 生活に隠れている不眠症の原因

  4. vol.10 大人の脳も成長する

  5. vol.8カルシウムは1日どのくらい摂取する?

  6. vol.6血管は硬くなる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。